>注目記事>自宅で治療が受けられる〜利用したい訪問歯科サービス〜

放置は危険?

歯の疾患を長く放置すると、頭痛や副鼻腔炎、顎関節症のリスクが高まります。歯に異常が見られる場合は、速やかに受診をしましょう。中でも下記のような状態は一刻を争う状態です。

歯科受診が必要なケース

  • 虫歯がある
  • 歯茎から出血している
  • 歯がぐらついている
  • 歯茎が腫れている
  • 歯並びが悪く咀嚼に影響が出ている

早期治療が肝心

虫歯にしても、歯周病にしても早めの治療が肝心です。悪化すると、最悪抜歯になることもあります。歯は一生ものなので、大事にする意味でも、異変に気づいたら早急に受診するか、訪問歯科を利用しましょう。

一般歯科で注目の治療BEST3

女性
no.1

虫歯治療

昔は、虫歯の大きさ関係なく削って治療をするのが一般的でしたが、歯科技術が進み、近年は削らずに虫歯の治療が可能となります。おまけに痛みはほぼなく、終始リラックスムードで挑めます。

no.2

ホワイトニング

セルフケアでは落としきれない頑固な汚れをホワイトニングにてキレイにしていきます。プロが治療に携わるので危険が少なく、歯に付着した黄ばみや着色汚れをなくして歯本来の輝きを取り戻せます。さらに、白さだけでなく虫歯や歯周病の早期発見へと繋がるでしょう。

no.3

歯磨き指導

歯を失う理由で最も多いのが虫歯や歯周病です。これらは、歯磨きが上手にできなかったことや、不潔にしていたことが原因です。歯医者では正しいブラッシング法を丁寧に指導してくれるので、自宅でも虫歯や歯周病の予防を手軽に行なえます。

自宅で治療が受けられる〜利用したい訪問歯科サービス〜

女性

訪問歯科のサービス内容

歯の不調を放置すると、ただ悪化するのみです。しかし、体が不自由なため、通院が困難だと受診すらできないでしょう。訪問歯科を設ける歯医者は全国各地にあるので、体が不自由な方も、歯のケアに勤しめます。

口元

訪問歯科の利用方法

訪問歯科を希望する場合は、歯科医院へ直接連絡をしましょう。訪問先の住所や電話番号などの必要事項や訪問日を設定すれば、検診や治療を受けられます。歯医者によっては、検診が無料になることもあるので治療費が軽減されます。

訪問歯科を活用して介護の負担を軽減しよう

高齢者などの自宅介護をしている人の場合、身の回りの世話を自分たちで行なうので負担は相当です。口腔ケアが加わると、もっと大変でしょう。虫歯の有無をチェックする余裕すらありません。こんな時こそ、歯医者が行なう訪問歯科を上手く利用して、介護者の負担を軽減しましょう。